介護福祉士の資格取得に必要なものは?

介護福祉士の資格を取得するためには、大まかに分けて2通りのコースが考えられます。
ひとつは介護福祉士の養成施設に通い、所定の単位を修了するという方法、もうひとつは実際に介護の現場で職業に就き、3年以上の実務経験を積んだ後に、介護福祉士の国家試験にパスするというコースです。
まだ10代や20代前半のうちに、介護の道を目指すことを決めた方であれば、養成施設への通学というのがもっとも効率的なパターンですが、ある程度他の職業などを経てから、介護関係への転職を目指す場合は、現実的には実務経験を積んで国家資格、というコースの一択になるでしょう。
したがって実際に老人ホーム等で働きながら、独学で勉強して資格を取る、というのが一般的な介護福祉士の資格取得スタイルになっています。