住宅ローン金利の金利は全期間固定が基本?

住宅ローン金利は全期間固定が原則だと考えた方が良いと思います。
それは、変動金利を選択すると金利が上がった場合あまりにもリスクが高いからです。
これ以上下がることは無いので、現状維持か上がるかどちらかでということになると思いますが、専門家でなくても上がる可能性は十分あるといのが通常の見方ではないでしょうか。
返済期間が短かったり返済額が少なかったりして、金利が上がった時にも対応が出来る人は変動金利でも良いと思いますが、返済がぎりぎりな人は全期間固定金利がおすすめです。
また、10年程度の長めの固定金利も生活プランによっては有効なこともあるかも知れません。
研究者や国家の中枢にいる人でも予想できない住宅ローン金利の上下を簡単に考えない方が良いでしょう。