デンタルローンの審査が甘いのに落とし穴ってある?

歯が抜けてしまってインプラント治療を提案された、必要な治療費をすぐには用意できない。

という時に歯医者でデンタルローンを勧められることがあります。

審査なしで利用できるローンはなく必ず審査があります。

では、審査の際にはどういった項目を見られているのでしょう。

まず1つ目は、年齢です。

未成年の方がローンを利用としても法律上、親の名義で申し込む、もしくは親や保護者から承諾書を提出してもらわなければいけません。

他には、返済の遅延を繰り返していたり債務整理をしているなど、クレジットヒストリーが良好かを見られます。

また、審査結果によっては収入が足りないなどの場合、保証人が必要になることもあります。

高額な治療費がかかることのある歯科治療ですが、治したいのに治療費を用意できなくて治せないという話を聞きます。

イオン銀行が取り扱っているデンタルローンを利用してみてはいかがでしょう。

借り入れ金額は30万円からと他のローンが10万円から借りられることが多いのに対して高めになっています。

その代わりと言っては何ですが、他のローンに比べて最低金利が3.8%と低い数字になっているので、高額で長期の借り入れになるほど違いが出てきそうですね。

歯科医院でもらった見積もりの金額によって、利用するローンを検討する際の参考にしていただけたらと思います。

肩こりがひどい、頭痛がひどい、でも原因がわからなくて困っている方。

ひょっとしたら、噛み合わせの悪さが原因かもしれないです。

ネットで調べて実際に歯医者に行ってみたら治すのに高額な費用が必要なことがわかたもののその理由として、パートの自分にはすぐに費用が用意できないということがあります。

パートなどの非正規雇用でも利用できるデンタルローンを利用してみるのはどうでしょうか。

ただ、ローンを申し込む際には、「安定した収入」があるかを見て返済能力があるのかを確認するので非正規雇用というのは審査時に不利に見られることがあります。

より確実にローンを使いたいなら、「安定した収入」のある配偶者名義で申し込みをした方が審査にいいようです。

歯科医院でインプラント治療などの高額治療を提案されローンについて実際に調べてみたら、取扱数が多くてどこを選べばいいのかわかりにくいですよね。

最初に見るのは金融機関ごとに設定の違う手数料・限度額です。

借入できる金額は10万円から可能な機関もあれば最低30万円から借りられるという機関もあります。

なので例えば、治療費が20万円の見積もりに30万円から借りれるローンの方が金利が低いとしても条件と合わないですよね。

返済計画を立てる上で申し込み前に各機関のHPに設置されている返済シミュレーションで毎月の返済額をチェックしましょう。

自家用車などの買い物をする時に利用するローンですが種類が色々あってどんなものがあるのかわからないですよね。

大きく分類すると個人向けローンと事業ローンの2つになります。

ビジネスローンは企業が資金調達をする際などに利用するローンです。

中には、会社名義で借りられるものもあります。

個人向けローンでは、CMとかでも聞くことのあるカードローンや歯科治療専門のデンタルローンなど使い道を制限したローンがあります。

デンタルローンなどの用途を絞ったローンの場合、カードローンに比べて金利が低い数字に設定されていることが多いです。

歯医者で診察を受けた時に、「抜け歯の治療するなら・・」と高額な治療費になるからとデンタルローンを勧められたことってありませんか?デンタルローンの意味は、利用目的を「歯科治療費」のみに指定された制度です。

金利など細かな部分は違いますが、よく耳にする「住宅ローン」や「自動車ローン」をイメージしていただくのがわかりやすいと思います。

では、申し込み時に聞かれる情報を確認しましょう①見積書など治療費がいくらかかるのか書いてある書類、②安定・継続した収入(正規雇用で1年以上勤続していればあまり気にしないでいいです。

)これらの情報がローン審査の合否に深く関わります。

出っ歯なのが悩み、歯並びが悪くて人前で笑うとき人の目を気にしてしまうなど歯の悩みを持っている方もいます。

歯列矯正を行なってその悩みから解放されてみませんか?でも、矯正って場合によっては高額な費用になるイメージがありますよね。

費用が高額で用意出来ない方はデンタルローンを利用して分割払いにする方法もあります。

いきなり歯科医院で審査をするのって情報がうろ覚えだったり手数料などの確認をしておきたいしで少し抵抗がありませんか。

歯科医院で申し込む前に事前にwebで仮審査を行っておくのがおすすめです。

申し込みの流れとしては使いたいローンのweb事前審査に通過後、ローン提携している歯科医院で再診し、正式申込で完了になります。

歯の健康寿命を考えてインプラント治療を受けようとしたときに高額な治療費が気になる方が多いようです。

実は、ほとんどの金融機関では専業主婦の方も、デンタルローンの利用ができます。

しかし、御指針に収入のない主婦の方名義で借りる場合には、収入のある配偶者の方が保証人になる必要があります。

また、CMなどでも聞く利用目的フリーのカードローンとは違い、利用は歯科治療にのみ限られているので手数料がカードローンより低く設定されていることが多く、分割回数や借入額を自分で決めることができるので、支払いに余裕ができます。

なので高額な治療費だからと諦めることはありません。

デンタルローンや住宅ローンなどの各種ローンを申し込む際に審査に落ちることはないか考えてしまいますよね。

では、どういった人が審査に合格しやすくなるのでしょうか。

それは、正規雇用で働いていて勤続年数が1年以上の収入が安定している方です。

なぜかというと、収入が安定しているということは返済の見込みが立つからです。

では、逆に落ちる人にはどんな傾向が多いのでしょうか。

特に若い人には「引き落とし口座の残高が不足していて「引き落とし口座の残高が不足していて引き落としができなかった」ということで問題になっているようです。

延滞に気づいてすぐに解決したのなら良いのですが何ヶ月も連続していると審査に落ちやすいようです。

お子さんの歯並びが気になるお母さん、デンタルローンについて調べてみませんか。

世間的にデンタル「ローン」と聞くとクレジットカード会社のものと取り扱っているイメージですが銀行でも取り扱っているんです。

スルガ銀行の場合では最大800万円まで借入ができ、最長で120回の分割払いもできます。

治療プランの参考になる事前調査がHPにあったりWebで契約が完結するので平日日中に働いている人でもわざわざ銀行に行かなくても済むのでありがたいですね。

歯並びにコンプレックスをお持ちの方は検討してみてください。

皆さんは歯医者を選ぶ時の基準はなんですか?実は、歯科医院ってコンビニよりも多いんです。

なので選ぶ幅が広すぎて選びにくいですよね。

そんな時に口コミサイトを参考にしています。

医院の設備はどうなのか、先生はどういった治療が得意なのか初めてその歯医者に行く場合にはとても参考になります。

他の選び方としては、受ける治療内容によって選ぶのもありです。

例えば、歯並びの矯正を考えている場合では、治療に行く前に先に利用したいデンタルローンを見つけて決めてからそのローンのHPから提携している歯医者を探すなどです。

芸能人の歯って白くて綺麗ですよね。

実は、ホワイトニングや審美治療を受ければみなさんの口元に手にすることができるかもしれませんよ。

ホワイトニングは専用の薬剤を使用するため知覚過敏を起こしてしまったり定期的に歯医者に通って施術し直さなければ元の色味に戻ってしまいます。

では、ホワイトニング以外の方法はあるのでしょうか。

歯の表面を削って付け爪のような薄い素材の歯型を貼り付ける「ラミネートベニア」という方法やセラミックでできた歯をかぶせる「セラミック」といった治療法があります。

ホワイトニングと比較すると耐久年数が長いですが費用が高いのでデンタルローンの利用をお勧めします。

参考:スルガ銀行デンタルローンの審査は厳しい?人気の理由は?【申込みの流れ】

インプラントをはじめとした高額治療を受けようと思っても保険適用外治療となる高額治療では高額な費用が気になって治療に踏み出しづらい方はデンタルローンの利用を検討してみてはいかがでしょう。

また、1年間の医療費として10万円以上支払った場合は、税務署へ確定申告することで、治療費の一部が還付されるので領収書は大切に取っておきましょう。

もし、申告を忘れてしまっても、5年前までであればさかのぼって医療費控除を申請できます。

このように、さまざまな制度を活用してなるべく費用負担を軽減することもできます。

小さい頃から歯並びが悪くて人前で笑えない、噛み合わせが悪くて治療したいという方は多いはず。

でも矯正費用って高額で自分にはできないと諦めている方、デンタルローンを利用してみてはどうでしょう。

デンタルローンとは、利用目的を「歯科治療費」に限定した立替払制度です。

ローンを取扱う企業が申込者に代わって治療費を立替払いし、患者はクレジットカード会社に治療費+金利を分割で返済するローン制度のことです。

また、歯科医院によって対応しているローンが違うので対応していない場合がありますのでご確認ください。

デンタルローンや住宅ローンなど使い方が決まっているローンの審査が厳しいらしいと友達から聞いたことあるけど、本当?契約社員だけど大丈夫?という質問をしているのを見たことがあります。

審査ではどんな部分を見ているのでしょうか。

①安定した収入 ②年齢 ③金融事故を起こしていないかの3点が重点的に見られます。

年齢の関係で未成年の場合は、成人していて収入の安定している親の名義で申し込む必要が出てきます。

また、借入する人が計画的に返済できる能力があるのか過去のローンや携帯料金などの支払いが滞っていないかを確認されます。