レイクアルサのwebでの返済方法は?

レイクALSAのキャッシングと銀行のカードローンは似ているようで違うということをご存知ですか?両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

レイクALSAのメリットといえばやはり審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高い、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法というそれぞれ別の法律の規制がかけられているのですが貸金業法には総量規制という制限がかけられています。

これは、借り過ぎを防止するために設定された規制で借り手の年収の3分の1を超える借り入れを禁じた規制となっています。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのように有担保ローンは除外されキャッシングやカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。

複数の消費者金融から融資を受けている人は多重債務者と言って金融業界からはブラックリストに入れられている可能性があります。

急な飲み会や探してた欲しいものが見つかったなど予定外の出費が重なると、次の給料日まで生活費が足りないということがあると思います。

そんなピンチの時に救ってくれるのがカードローンです!レイクALSAならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で即日借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、際限なく借りてしまう人もいるようです。

すると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者に掛け持ちすることになりますから注意して下さい。

人気が高い金融機関の理由は金利が安い、審査時間が早いなどがあげられます。

しかし、レイクALSAの場合、総量規制が影響しているのでサービス内容で個性が出しにくく限度額も借り手によって異なるので、評価の要因にはなり得ません。

人気ランキング上位のデータ比較してみてもいずれの消費者金融も審査時間が最短30分であったり、金利は最大18.0%程度なので大きな違いはありません。

条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや自動契約機や、提携ATMが多いことのほうが人気の秘訣のようです。

又、テレビやラジオで流れるCMで起用されるタレントさんやCMから伝わる企業イメージというのも大きく影響しています。

消費者金融は借りる時は簡単だけれど返済が遅れたら取り立てが凄いというイメージを持つ人は多いと思います。

確かに以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのも事実ですが近頃は消費者金融も法律を守るようなっていますので、そのような怖い目に合うことはありません。

金利は銀行カードローンより高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行に勝っています。

そのため、借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行える上にATM手数料がタダという消費者金融も多いので、銀行カードローンよりも利便性が高いと言えますね。

また、レディースローンを用意している消費者金融もたくさんあるので女性の利用者も増えています。

カードローンとは審査によって貸出限度枠が設定されその範囲の中であれば何回でも借り入れや返済を行うことができるというものです。

各社ごとに決まった日時に残高に対しての利息が計算されて返済日に引き落としされる「約定返済」が基本の返済方法となります。

引き落される金額は借入した残高によってランク分けされていてその金額の範囲内で利子を引いた後の金額が元本の返済に充てられるという仕組みです。

ですから、利息の計算日までになるべく元本を減らしておくことが利息をできるだけ安くする有効な方法と言えます。

ローンの返済には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができますので積極的に利用しましょう。

カードローンの新規申込の方法はいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットがあります。

郵送を希望する場合は、店舗などから申込書を入手して必要事項を記入後、送付し審査結果を待ちます。

見事、審査に合格したら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードがお手元に届くという流れになります。

ちなみに、パソコンやスマホからだとレイクALSAのサイトへアクセスし、申込フォームに入力して送信するだけです。

審査が通過した旨のメールが届いたらメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップするというweb完結が主流です。

消費者金融には貸金業と言う法律があり銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。

貸金業法と銀行法の最も大きな違いは貸金業法には融資金額の制限がある総量規制があることです。

総量規制は年収の1/3を超える融資を禁止するもので総量規制によって、借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入がゼロの専業主婦は消費者金融に借り入れを申し込んでも仮審査の段階で却下されてしまいます。

その一方で、銀行は銀行法によって規制されているため総量規制はなく、専業主婦でも借りることができます。

消費者金融というと闇金ウシジマくんのようなものが連想され怖いというイメージを持つ人がいまだに多いですよね。

バブル崩壊期は法律を無視した暴力的な取り立てや深夜にもかかわらず自宅へ押しかけるような行為が横行していました。

現在は、法律が改正され銀行の傘下に入る企業が多くなりましたのでブラック企業の面影はなくなっていると言えるでしょう。

最近では、テレビCMに人気タレントを起用するなど借金を意識させない内容にして、レイクALSAのイメージアップが成功してきています。

引用:レイクALSAはOLでも借りれる?審査に通る?【スマホ申込み方法】

しかし一方でイメージ戦略に偏りすぎてしまっているCMも多く意図が分からない、何のCMだか分からないという声もあります。

近頃の消費者金融というと好感度の高いタレントをCMに起用するなどクリーンなイメージがあると思いますが一昔前まではサラ金や街金と呼ばれ裏稼業という感じの怖い業種でした。

その頃はバブル経済真っ只中で金銭感覚がおかしくなってしまった人たちが多く簡単にお融資してくれる街金で借金を繰り返す人が増えてしまい社会問題になったほどです。

借りたお金は当然利息をつけて返済しなければいけないのですが簡単に借金する人ほどお金を甘く見ていますから返済できるわけがありません。

一方で、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないと損益が出ますからかなり暴力的な手段で取り立てを行っていました。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので以前のように自宅まで押しかけてきて玄関先で大声で怒鳴るようなことはなくなりました。

住宅ローンには保証人や担保が必要ですがカードローンや少額ローンは無担保ローンです。

住宅ローンは住宅を購入するという目的のためのローンで長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな借入額になりませんし、返済期間も短期が一般的です。

そのため、個人の信用だけで借りることができますし保証人や担保も不要です。

何より、保証人を立てて審査をしなければいけないとなると時間がかかってしまうためカードローンの良さとされるスピード感の魅力がなくなってしまいます。

お金を融通してもらう方法としてカードローンがありますが銀行の提供によるものと、レイクALSAの提供よるものとで2種類があります。

銀行カードローンのメリットはなんといっても金利が低く、貸出限度額も大きいのですが審査が厳しいこともあり、属性が高い人におすすめしたいカードローンです。

一方、レイクALSAのキャッシングはというと、金利が高めで、最大貸出限度額も低く、借りる人の収入や借入れ状況によっても限度額に差がでます。

レイクALSAの方が銀行カードローンよりも諸々の条件で不利ですが、レイクALSAのキャッシングは比較的審査に通りやすいと評判なので属性に自信が無い方にもおすすめです。

また、審査結果もスピーディーで、即日融資も可能ですからとにかく急いでお金が必要!という方にとてもおすすめです。

金融業者各社の借入れの条件や金利などといったデータはランキングサイトを利用するのが便利です。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているランキングサイトもあれば一覧表で比較がわかりやすいサイトもあります。

各金融機関についてそれぞれお勧めポイントを紹介してくれているサイトもあるので消費者金融を初めて利用するという人でも、簡単に比較することができるのでとても便利です。

更にランキングサイトには公式サイトへのリンクを貼っていることがほとんどなので比較後、すぐに利用申し込みの手続きをすることもできます。

又、一覧サイトの中には、申し込み時の記入方法や審査をクリアするためのコツなどが記載されていることもありますよ。

昨今の消費者金融業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によってブラックというイメージが払拭されつつありますね。

就職先としての人気も上々のようなので消費者金融業界について審査時間の長さや労働条件をみていくことにしましょう。

審査時間の長さですが債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者には電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して必ずしも取得しておくべき資格はありませんが責任者に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得する必要があります。

年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でとされておりノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。

消費者金融は銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きでローンを組むことができました。

当時は、現在のようにきちんとした法整備が確立されていなかったため、規定よりも高い金利で借り入れてしまったという人が続出しました。

これが、最近テレビなどでよく耳にする過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

多く支払わされた過払い金は返還してもらう権利がありますが、過払い金の払い戻し請求には期限があるので注意が必要です。

完済日から10年経過すると時効となり請求権を失効してしまいますので身に覚えのあるという方は過払い金請求に詳しい法律事務所に連絡してみることをおすすめします。

レイクALSAのキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高金利となる場合が多いです。

レイクALSAのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%が一般的ですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので明らかに低金利なことが分かります。

レイクALSAの最大貸出限度額は500から800万円となっていることが多いのですが銀行カードローンの場合は一部の銀行を除いて800から1 200万円と高額です。

ですが、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないといった制約がありますがレイクALSAのキャッシングは事業用資金として使用することを認めている場合が多いです。

又、銀行カードローンは同行に口座を開設するなどの条件が付加されたりしますが、レイクALSAの場合は預金機能がないので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。